RUSSIAN POLITICS / UENO'S SEMINAR
Home Profile Lecture Books BBS Diary Gallery Link Site Map
Diary  コメントは気軽に。

このブログの管理人(上野俊彦)の見解は管理人個人のものであり、管理人の所属する上智大学を代表するものではありません。
広告は管理人および管理人の所属する上智大学とは無関係です。掲載されている写真はとくに断りがない限り管理人が撮影したものです。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
● 〜 January 22, 2006

CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 昨年の国家会議(下院)選挙の際に選挙監視を実施した投票所を再訪 | main |投票所での開所手続き >>
投票所での選挙監視
ロシア連邦大統領選挙法により、投票日当日にどの投票所で選挙監視をするかは、選挙監視員の自由であり、選挙監視員証さえあれば、任意の投票所に立ち入ることができることが保障されています。

しかし、任意の場所と言っても、選挙監視をする側からすると、投票日に投票の始まる8:00の少なくとも15分前、できれば30分前の7:30頃までに監視する投票所に到着しなければなりませんので、宿泊先からあまり遠いところは現実的ではありません。そのため、モスクワ市内に宿泊している場合は、モスクワ市内またはせいぜいその外側のモスクワ州内の投票所で監視を行うことになります。もちろん、事前に遠方の地方のどこかのホテルを予約しておき、投票日前日に鉄道または飛行機などで移動しておけば、遠隔地の投票所で監視することも可能です。私たちは、ずっとモスクワに宿泊しているので、昨年12月の国家会議(下院)選挙の選挙監視はモスクワ市内の投票所で、今回は、モスクワ市から外に出たモスクワ州の投票所で選挙監視を実施することにしました。

選挙監視は、すでに述べたように、投票日には、7:30頃までに投票所に到着して、投票開始前に行う開所手続きの監視から始めます。開所手続きは、おおむね以下のようなものです。ゞの投票箱の確認、投票箱の封印の確認、4日前に投票された投票用紙が封入された封筒の開封、い修海防入されている投票用紙の投票箱への投函の確認、です。

それらの開所手続きが終了した後、8:00に投票所の入り口が開けられ、選挙人(有権者)の投票が始まります。

選挙監視は、3人の監視員のうち私だけは、開所手続きを監視した投票所に、投票締め切りの20:00まで滞在し、その投票所で行われる開票作業をそのまま監視し続け、集計が終了し、,修療衂悉蠅料挙人名簿に掲載されている選挙人数、投票所が地区選挙委員会から受領した投票用紙の数、E衂柴に投票所で選挙人に交付された投票用紙の数(選挙人名簿に投票用紙を受領した選挙人の署名があるので、それと照合することを含む)、づ衂屡△謀衄,気譴薪衂射兒罎凌堯奮票時に数える)、コ童補者の得票数(開票時に数える)、などを記入したプロトコールを記入するまで、すべての作業を監視し、投票用紙の数を数える作業もすぐ近くで間違いがないか確認しながら監視します。

監視員の残りの2人は、開所手続きと開票作業・集計は私が監視する投票所で一緒に監視しますが、それ以外の時間は、近隣の投票所を10か所程度巡回します。

さて、この選挙監視をする投票所のうち、私が監視する(定点監視と言っています)投票所を事前にロシア連邦中央選挙委員会に通報したり、あるいは何らかの形で伝わってしまうと、日本の監視員から「この選挙は公正だった」という評価を引き出し、それを世界中に向けて宣伝したいと考えている可能性のある中央選挙委員会が、私たちが監視を実施する投票所に対して、投開票をすべて公開して不正のないよう慎重に作業するように通達したり、場合によっては投票所選挙委員をしっかりした人物に交代させたりしてしまう可能性がないとは言えません。ですから、選挙監視を実施する投票所は事前にロシア側に通告しないことはもちろん、悟られないようにする必要があります。

私の1月31日のDiaryで明らかにしたように、1月19日のロシア政府の新聞『ロシア新聞』に、チューロフ中央選挙委員長が日本の選挙監視員の報告書が最も質が高かったと述べたことなどが掲載され、欧米諸国が選挙監視員を派遣しない中で、日本が選挙監視団を派遣したことが注目され、その日本の選挙監視団がロシアの選挙にどのような評価を下すのかが国際的にも、日露関係においても、政治的にきわめて重要な意味を持つことが、明らかになりました。そのことにいち早く気づいた私は、大統領選挙の選挙監視の実施に当たっては、中央選挙委員会の目の届きやすい、そして日本の選挙監視団が監視する可能性が高いと想定されるモスクワ市内の投票所ではなく、モスクワ市以外の地方での投票所で選挙監視を実施すること、どの地域、どの投票所で選挙監視をするかを一切秘密にしようと考えました。もちろん選挙監視を実施した投票所はただちに上部の地区選挙委員会に日本の選挙監視団が来たことを知らせることにはなりますが、少なくとも、その投票所が事前に日本の選挙監視団が来ることを察知することはありません。そうしないと、必ずロシア側が選挙監視後の評価が高くなるよう事前に準備をしてしまう可能性があると考えたからです。

そのため、私が選挙監視を実施しようと考えていたモスクワ州のショールコヴォ地区を投票日の前日に下見したときも、投票日前日なので投票所でいろいろな準備作業をしているでしょうから、投票所の中には立ち入らないのはもちろん、視認できる程度の距離から投票所の所在地だけを確認してまわるだけにとどめました。

下の写真は、私が定点監視した投票所の写真です。この投票所の前で、NHKのインタビューを受けたので、この建物に見覚えのある方もおられると思います。

投票所の建物の入り口の横には、ロシア連邦大統領選挙の投票所であることを示す看板が掲げられています。写真の空中で点々と光る白いボールのようなものは、カメラのストロボに照らし出された雪の粒です。
| Russia's Election 2007-08 | 21:46 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 21:46 | - | - |
コメント
コメントする










Copyright (c) UENO Toshihiko 2002-2018 All Rights Reserved.