RUSSIAN POLITICS / UENO'S SEMINAR
Home Profile Lecture Books BBS Diary Gallery Link Site Map
Diary  コメントは気軽に。

このブログの管理人(上野俊彦)の見解は管理人個人のものであり、管理人の所属する上智大学を代表するものではありません。
広告は管理人および管理人の所属する上智大学とは無関係です。掲載されている写真はとくに断りがない限り管理人が撮影したものです。

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
● 〜 January 22, 2006

CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 不在者投票証明書による投票 | main |ショールコヴォ地区の選挙結果 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
交付した投票用紙の枚数確認、開票、集計
20:00に投票が締め切られると、いよいよ開票となりますが、開票の前に、公布した投票用紙の枚数確認をします。それは、以下の手順で行います。

1.上部の地域選挙委員会から投票所選挙委員会が受領した投票用紙の枚数はあらかじめわかっています。

2.公布した投票用紙の枚数を計算します。それぞれの選挙人名簿に選挙人が署名した数が公布された投票用紙の数に等しいはずです。それぞれの選挙人名簿を照合して投票用紙を交付した選挙委員ごとに、それぞれの選挙人名簿の署名の数を数えます。

3.在宅投票した人(つまり移動投票箱に投票した人)が署名した在宅投票証明書の枚数を数えます。

4.不在者投票証明書の半券の数と、追加選挙人名簿の署名の数とが、一致しているはずですが、この数を調べます。

5.公布されなかった未使用の投票用紙の枚数を数えます。

以上の2から4の作業で数えた数が、この投票所で公布された投票用紙の枚数であり、その数に5の作業で数えた未使用の投票用紙の枚数を足した数が、1で書いた上部の地域選挙委員会から受領した投票用紙の枚数と一致しなければなりません。もし一致しなければ、投票用紙が交付される前の過程で紛失したことになります。また、公布された投票用紙の枚数は、選挙人が投票用紙の交付を受けたあと持ち帰るなどして投票箱に投函されなかった投票用紙がない限り、まだ開けられていない2つの投票箱と、1つの移動投票箱の中に入っている投票用紙の枚数と一致するはずです。

下の写真は、未使用の投票用紙のスミをカットして不正使用できないようにするための作業です。ちなみに手前の人の服の肩章にМВД(内務省の略称)とあるのは、この人が投票所の警備を担当するミリツィア(警察官)であることを示しています。危険な作業はお手の物なのですね。

ここまでの作業を終えるのに2時間以上かかりました。

こうしていよいよ開票です。投票箱を開けたあと、候補者ごとに投票用紙の山をつくっていき、それぞれの候補者の山の枚数を数えます。私は、選挙委員のすぐ斜め後ろから、開票作業をじっと見ていました。下の写真は各候補者の山をつくっていくところです。

まず、メドヴェージェフ候補と、その次に得票が多いと予測されるジュガーノフ候補の投票用紙が山に積まれていくときに、確かに間違いなくそれぞれの候補の四角の空欄に印が付いているかを見ていました。たまたま、メドヴェージェフ候補とジュガーノフ候補の山が並んでいたので、私はその間にいて、ほぼ交互に積まれていく両者の投票用紙をすべて視認できました。間違いはありません。下の写真はメドヴェージェフ候補に投じられた投票用紙の山です。

次に各候補者の投票用紙の枚数を数えます。各候補者の枚数を数える作業が同時に行われたので、私は、メドヴェージェフ候補の枚数を数える選挙委員の斜め後ろにいて、その委員と一緒に、私も頭の中で、1、2、3と、数えていきました。間違いはありません。

何回も数え直すので、ジュガーノフ候補の枚数も間違いないことが確認できました。

こうして、すべての候補者の得票数が確定したあと、それを合計した枚数と、交付した投票用紙の枚数とが、一致するはずでしたが、公布した投票用紙のほうが1枚多いことがわかりました。つまり持ち帰り票が1枚あったということになります。

集計の結果をすべてプロトコールという用紙に記入します。それは壁に貼られています。下の写真がそれです。このプロトコールの数字が、やがて公表されるロシア連邦中央選挙委員会のホームページで公表される第3196投票所のデータと一致しているはずです。

プロトコールの写真は小さいのでおもな数字を下に示しておきましょう。

投票終了時に選挙人名簿に記載されている選挙人の数:2130
投票日に投票所で投票された投票用紙の数:1103
投票日に投票所の外で(つまり在宅投票で)投票された投票用紙の数:29
投票所の投票箱の中にあった投票用紙の数:1102
移動投票箱の中にあった投票用紙の数:29
無効投票の数:30
有効投票の数:1101
バグダーノフ候補の得票数:29
ジリノフスキー候補の得票数:104
ジュガーノフ候補の得票数:279
メドヴェージェフ候補の得票数:689

持ち帰り票が1枚あったほかは、それぞれの数字に矛盾はありません。

この投票所の投票率は、持ち帰り票を含めて1132÷2130=53.15%です。

各候補者の得票率は以下のとおりです。
バグダーノフ候補の得票率:29÷1132=2.56%
ジリノフスキー候補の得票率:104÷1132=9.19%
ジュガーノフ候補の得票率:279÷1132=24.65%
メドヴェージェフ候補の得票率:689÷1132=60.87%

99.55%開票時の全国の集計結果では、投票率は69.71%、各候補の得票率は、バグダーノフ候補が1.29%、ジリノフスキー候補が9.37%、ジュガーノフ候補が17.76%、メドヴェージェフ候補が70.23%ですから、この投票所では、全国平均に比べて、投票率は16%以上低いこと、ジュガーノフ候補が比較的強く、メドヴェージェフ候補がやや得票率が低いこと、などのことがわかります。
| Russia's Election 2007-08 | 00:32 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 00:32 | - | - |
コメント
コメントする










Copyright (c) UENO Toshihiko 2002-2018 All Rights Reserved.