RUSSIAN POLITICS / UENO'S SEMINAR
Home Profile Lecture Books BBS Diary Gallery Link Site Map
Diary  コメントは気軽に。

このブログの管理人(上野俊彦)の見解は管理人個人のものであり、管理人の所属する上智大学を代表するものではありません。
広告は管理人および管理人の所属する上智大学とは無関係です。掲載されている写真はとくに断りがない限り管理人が撮影したものです。

CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
ARCHIVES
● 〜 January 22, 2006

CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 3月21日付『北海道新聞』朝刊6頁掲載コラム | main |東ウクライナにおける住民投票の実施について >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
再び緊迫してきたウクライナ情勢(4月8日Twitterまとめ)
3月31日の在校生ガイダンス、4月1日の学部新入生学科別集会、2日の大学院入学式、3日の大学院生ガイダンス、4日の大学院新入生個別ガイダンス、5・6日の新入生オリエンテーションキャンプ(1泊2日)、と新学期行事が続いているうちにウクライナ情勢がまた緊迫してきた。授業準備をさせて!

東ウクライナのロシア系住民はキエフの暫定政権を信用していないはずだ。なぜなら、ウクライナ国民が選挙で選んだ政権を力によって打倒した政権だからだ。クリミア編入に対し、力による現状変更だとして対露制裁が実施されているが、ロシア系住民からすれば、やられたからやり返しているだけだろう。

前政権を力で倒した暫定政権に対して国際的非難はない。暫定政権の一角を占めるウクライナ民族主義政党の「自由」は東ウクライナにおける反テロ作戦の実施を主張している。暫定政権も治安部隊を増派している。東ウクライナで内戦状態になればロシア軍が介入することになる。みんな何を考えているんだ。
| about Ukraine | 15:51 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 15:51 | - | - |
コメント
コメントする










Copyright (c) UENO Toshihiko 2002-2018 All Rights Reserved.