RUSSIAN POLITICS / UENO'S SEMINAR
Home Profile Lecture Books BBS Diary Gallery Link Site Map
Diary  コメントは気軽に。

このブログの管理人(上野俊彦)の見解は管理人個人のものであり、管理人の所属する上智大学を代表するものではありません。
広告は管理人および管理人の所属する上智大学とは無関係です。掲載されている写真はとくに断りがない限り管理人が撮影したものです。

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ARCHIVES
● 〜 January 22, 2006

CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< カリーニングラートで新聞記者に会う方法 | main |カリーニングラートでの最後の夕食 >>
カリーニングラートの街歩き
カリーニングラートは、9月5日のDiaryで書いたように、もともと第二次世界大戦終結まではケーニヒスベルクというドイツ人の街でした。そのため、道路や河川の配置など、街の基本的な都市計画はドイツ領時代に行われたものなので、何となく街の造りがドイツ風です。もっとも、中心部は戦災でほとんど破壊され、焼け残り崩れかかったケーニヒスベルク城やドイツ風の教会なども、ファシストの遺物として一掃され、そのあとにソ連風のアパートが建ち並びました。

中心部が戦災でほとんど破壊されたのは、たとえばもともとはザクセン王国の首都で、第二次世界大戦後は東独領となったドレスデンも同様ですが、ドレスデンの場合は、そのままドイツ人が住み続けたわけですから、例えソ連の支援のもとで復興されたとしても、ドイツ人たちは父祖の代から街にあった王宮や教会を苦労しながら少しずつ再建してきました。それが今日、ドレスデンが旧ザクセン王国の首都としてふさわしい立派な宮殿を持つ美しい街として再建されている理由です。

ところが、ケーニヒスベルクは、ドイツ人の代わりにロシア人が移住してきたため、ドイツ人の遺してきた城や教会には何の感慨もなく、ファシストの遺物として完全に破壊してしまったため、今日、カリーニングラートは、観光資源としてはこれといって見るべきものもない、ソ連式のコンクリートのアパートの並ぶ味気ない街になってしまいました。それでも、市の中心部には、お城こそ再建されていませんが、シンボルとなるような教会が再建され(写真下の上の写真)、美しい河岸もそのまま残っています(写真下の下の写真)。


歴史博物館(写真下)に行くと、第二次世界大戦前のケーニヒスベルクがどのような街だったのかがよくわかります。ソ連によってダイナマイトで最終的に破壊されたお城が「なぜ破壊されてしまったのか」と、博物館内で資料などがいたずらされないように見守っている職員の方(たいていは、お年寄り)に聞いたところ、「ファシストの遺物だと考えられたこと、再建するお金がなく、必要なのはアパートだったことなどが、その理由だ」と言われました。「でも、お城はファシストがつくったのではなく、もっと前につくられたものでは?」と反論すると、「それは分かっている。今日の立場に立てば、歴史的遺産が破壊されたのは残念だと言えるけれど、当時は、仕方なかった」と言います。

しかし、戦災で焼け残った旧市街に行くと、普通の民家ですが、ドイツ時代の名残をとどめる庭付き一戸建ての住宅が並んでいます(写真左の4枚)。ソ連時代のロシアにはまったく存在していなかった戸建ての個人住宅です。ソ連時代は、これをどのようにして使っていたのでしょうか。大きめの家は複数の家族で使用していたものと推測されますが、小さいものはどうしていたのでしょうか。幹部用の住宅だったのでしょうか。現在は、一部は外国の外交官が使っているようですが、大部分は、市場経済のもとで誕生した中産階級が暮らしているようです。たいていの家は、外壁などをきれいに塗装しなおしたりして、きれいに修復されて使用されていますが、一番下の家のように、外壁は昔のままで使われている家もあります。モスクワ郊外などには、ここ5年から10年以内に建った庭付き一戸建ての個人住宅がありますが、市街地にこのような戸建ての住宅が立ち並ぶさまは、ロシア本国内では決して見られないものです。
(9月25日記)
| in Kaliningrad | 10:59 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:59 | - | - |
コメント
http://www.jordan11spacejams.us.com/ jordan 11 space jam
http://www.pandora-jewelrysale.us.com/ pandora charms
http://www.kd10-shoes.us.com/ kd 5
http://www.adidasyeezy-350.us.com/ yeezy 750
http://www.louboutinredbottoms.us.com/ christian louboutin shoes
http://www.adidasnmdrunnerr1.us.com/ adidas nmd r1 womens
http://www.pandorajewelryrings.us.com/ pandora bracelet
http://www.salomonspeedcross3.us.com/ salomon speedcross 3
http://www.fitflops-sale.us.com/ fitflop
http://www.curry4-shoes.us.com/ kevin durant shoes
http://www.adidas-ultraboost.us.com/ adidas ultra boost women
http://www.longchampbag.us.com/ longchamp bag
http://www.birkenstocksandalssale.us.com/ birkenstock sale
http://www.airmax90shoes.us.com/ air max 90
http://www.hermesbirkin-handbags.us.com/ hermes handbags
http://www.lebron15-shoes.us.com/ lebron soldier
http://www.yeezyboost350shoes.us.com/ adidas yeezy boost 350
http://www.nikeairvapormaxflyknit.us.com/ nike air force 1
http://www.katespadepurses.us.com/ kate spade tote
http://www.jordans11shoes.us.com/ air jordan xi
http://www.pandorajewelryscharms.us.com/ pandora bracelet
http://www.fitflopsshoes.us.com/ fit flops
http://www.kyrie-4.us.com/ kyrie irving shoes
http://www.pumafentyrihannashoes.us.com/ puma fenty slippers
http://www.nikeairmax-90.us.com/ air max 95
ドリフトliuyuzhen
| louboutin shoes | 2018/05/20 10:05 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://uenotblog.jugem.jp/trackback/78
トラックバック

Copyright (c) UENO Toshihiko 2002-2018 All Rights Reserved.